こんにちは インジケータ一覧館 管理人の小島と申します。

私は、インジケータ一覧館を運営しながら、EA製作の依頼や研究所でのEA開発、そしてEA販売を通して
非常に多くのEAを開発してきました。

今回は その中で実際に人気の高かった3つの便利ツールの販売です。
3つのツールのどれをとっても、こだわりの機能満載の普通では手に入らないものだと自負しております。

いずれも単純なツールではありませんが、これらのツールを
「より多くの方にも利用して頂きたい」と破格のお値段で販売を行うことにしました。

現段階は、初回公開ということで、便利EAの公開のみですが
利用者の皆様が効果的に使えるように、設定を共有や実際にリアル口座でのFW試験結果を公開など
私自身もこのプロジェクトでFX成績を更にアップさせる様、充実した先の展開も考えております。
私自身だけでなく、「皆さんで利益を掴む!」 そう願っての破格プロジェクトの始動です。

サポートなどの手間も相当予想されるため、まずは200名様限定での販売としました。
機能の充実に伴い値上げや制限も増えてくると思いますが、この機会にお試し頂ければ幸いです。

それでは、3つのツールのこだわりの機能をご紹介します。




近年の荒れ傾向にある相場では、テクニカルな手法が通用しにくい場面も多く見られます。
  • 「あぁーー。ここで両建てで反対ポジションをもてていればなぁ。。」
  • 「騙しにやられて連敗してるーーー(><;」
  • 「もうちょっと堪えてくれれば、狙い通りの流れになったのに・・・」
そんな思いをしたことはありませんか?

テクニカルが通用しにくい状態において、大事なのは
エントリー後の状況によっても柔軟に対応する仕組みです。

その1つの手段が、複数の救済・調整ポジションを持って管理上の1つの取引とする事です。

その仕組みを、他のEAや裁量のエントリーに対して 自動で行ってくれるのが 
このX-ShotGunの機能になります。

X-ShotGunは、他のEAや裁量トレードで発注したオーダーを、指定の条件で救済していくEAです。


自由なナンピンと両建て   オーダーをエントリ後に 損失方向に価格が動いた場合に、
  • 自由な設定が可能なナンピン
  • 自由な設定が可能なナンピンリバース(両建て)
を追加でポジションを取ってくれます。

そして追加で出したエントリを含めて、総収支で決済することも
各エントリ単体で決済することも設定で自由にできます。



救済ツール

用意されているモードは
    1)損失方向に動いた場合に追加する 同方向エントリ(ナンピン)
    2)損失方向に動いた場合に追加する 逆方向エントリ(ナンピンリバース・両建て)
    3)利益方向に動いた場合に追加する 同方向エントリ(追撃)
    4)利益方向に動いた場合に追加する 逆方向エントリ(追撃リバース・両建て)

※3,4のモードは現在のバージョンでは未実装です。


双方向合わせて、4つの種類のエントリが自由自在に繰り出される。
そのイメージからX-ShutGunと名づけました。

そして、それぞれのモード毎に個別に
  • SL/TP
  • ベースロット
  • 追加エントリ幅(Pips)
  • 最大追加エントリ数
  • 増加ロット
  • 総収支TP
  • 総収支SL
  • 決済モード(個別決済/総合決済)
が自由に設定が可能となっています。

※各モードによって若干の意味合いが異なります。

自由なナンピンと両建て   もちろん、ナンピンリバースだけをエントリさせることも可能ですし
ナンピンとリバースを間隔を変えてエントリすることも可能です。


バックテストモードでの成り行きエントリーをナンピンリバース(NR)で救済した例
ナンピンリバース
成り行きエントリーに最適化もせずに、こんな結果がだせるのは、救済効果の現われ!


また、単純に複数の救済ポジをとるだけでなく
  • モード1と2の総合収支での決済
  • モード3と4の総合収支での決済
  • 全モードでの総収支での決済
  • 全エントリでの総収支での決済
  • アカウント残高に対しての総収支の決済
と、全体の収支やバランスから決済する機能もあり
リスク回避にも十分な機能が実装されています。


X-ShotGunを使えば、
  • エントリと反対方向に動いた流れに対して相殺(両建て)ポジをとり、損失を防ぐ
  • ちょっとエントリと反対方向に動いた価格を救済して、損失を防ぐ
  • エントリがSL決済になったものを追加で再エントリさせる
こんなことが可能になります。(まだまだ自由自在です!)

勝てないEAやトントンなEAを我慢して使っているだけでは、
現在の為替相場で確実に利益を積み上げていくのは簡単ではありません。

エントリー後の柔軟な対応で、もっと利益をあげてみませんか?

X-ShotGun






異なるMT4間でエントリーをコピーするEAです。
両方のMT4にそれぞれ送信用・受信用のEAを起動させることで、コピーが実現できます。

用途は正に豊富です!
  • デモ口座限定のEAのエントリを別のMT4のリアル口座で取引させる
  • リアル口座限定のEAのエントリを別のMT4のデモ口座で取引させる
  • 特定ブローカー限定のEAのエントリを別のMT4の口座で取引させる。
既にいくつものEAをご利用されている方には、このEAの利用価値は十分にお分かりだと思います。

また、コピーをする際に、別途
  • マジック番号
  • SL
  • TP
  • ロット倍率
  • メール送信
を指定できます。
  • コピー元のMT4では ロット0.01で動かしておいて、コピー先でロット0.1で動かす。
  • コピー元のMT4のSLを変えて別のMT4でエントリを行う

こういったことまで可能になります。



でも、X-OrderCopyの真価は他にあるんです。



次の画像をご覧下さい。
時間帯別成績集計
これは、あるEAの成績を時間帯別に集計したものです。

取引時間というのは、
市場状態にも密接に関連し、EAでも裁量取引でも重要な意味を持ちます。

例えば「東京市場」がオープンしている時としていない時、円相場の動きに

        違いがあって当然ですよね?

時間帯で違いが出るのであれば、手法の成績にだって当然影響します。


上の画像の統計の中でも、結果の悪い時間帯があります。


あくまでバックテストや過去の実績の統計だとしても。
利益が出ていないどころか大きな損失をしている時間帯。

この時間帯をそのまま運用して、メリットがあると思いますか?

メリットどころか。リスクがいっぱい・・・ですよね。

そのまま 大きなリスクを抱えたまま 運用していて良いのでしょうか・・・?


複雑な時間調整を考えなくても。この結果の悪い時間帯を避けるだけでも。


        大きなリスク軽減になると思いませんか?


「リスク軽減」それはつまり、 収支が上がる ということです。


そして、X-OrderCopyでは、単にエントリをコピーをするだけでなく、
コピーする時間帯を指定できるようになっています。

つまり。
  • 別のMT4から 成績の良い時間帯を選んで エントリをコピーさせる。
ということが可能なEAになります。

  • デモ口座限定のEAのエントリを別のMT4のリアル口座で取引させる
  • リアル口座限定のEAのエントリを別のMT4のデモ口座で取引させる
  • 特定ブローカー限定のEAのエントリを別のMT4の口座で取引させる。
  • コピー元のMT4では ロット0.01で動かしておいて、コピー先でロット0.1で動かす。
  • コピー元のMT4のSLを変えて別のMT4でエントリを行う
  • 別のMT4から 成績の良い時間帯を選んで エントリをコピーさせる。


コピーツール






矢印サインインジケータを使って、自動でエントリーさせるEAです。
一般に手に入る矢印系のサインインジケータなら大抵のものが使えます。

たまに見かけますよね。この手のツール。
良いサインインジケータを見つけたら、使って自動で取引させてみたくなりますよね。


じゃあ 好きなサインを使ってエントリーさせてみようー!


と、やってみると・・・


なかなか簡単に良い結果がでるものじゃないんですよね。。。
サインインジは 売買の繰り返しのドテン系が多く 常時エントリーします。
そんないつも勝ててたらFXで儲けてる方はいっぱいになります。。。


X-Arrowには、もう1つちょっとした機能があります。


X-Arrowをバックテストで動かして、終わった時に、





こんな結果が表示されるのです。

  • 一番上はX-OrderCopyでもお見せした 「時間帯別成績」
  • 2つ目が 「ADX分布別成績」
  • 3つ目が 「RSI分布別成績」
です。

バックテストを一回すると、「時間」「ADX」「RSI」で 
どういった時が成績が良いか。悪いか。

最適化を実施するまでもなく、一目瞭然の結果が出ます。


X-OrderCopyでもお話しさせて頂いたように、

特に「稼働時間」というのは 成績に非常に重要な影響を与えます。


そして、残念ながら・・・その事実を重要視される方は 多くはありません。

・通貨によって勝てる勝てないが変わってくる。
・時間足によって勝てる勝てないが変わってくる。

これらはいずれもボラティリティ(相場の変動の激しさ)の影響が大きいのです。

で、あるならば、相場の変動に大きく影響する 「市場時間」も 当然影響しやすいのです。


そして、
当然のように、X-Arrowには
  • 「稼働時間」「ADX」「RSI」のエントリフィルターが標準で実装されています。

つまり、

「稼働時間」「ADX」「RSI」の成績の良し悪しで

フィルターを調整すると。


こうなるワケです。

※大きな含み損は 価格が飛んでるとこです・・


サイン自由ツール




※本Triple-Xは、口座限定EAとなっております。
口座限定というのは、特定のリンクを経由して作成された口座でのみ稼動するEAということです。

現在対応しているブローカーは
  • FXDD
  • FXClearing(FXCL)
  • PepperStone
となっております。

※かなりの低スプレッド SynergyFxを今後追加予定です。

※上記ブローカーで、指定のリンクから新しく口座を作成していただく必要があります。








今回のTriple-Xは、1つ1つが独立した便利ツールに見えますが
実はそれだけではないのです。





  他のブローカーのエントリをX-OrderCopyを使って別のMT4でコピー。
  そして、そのコピーされたエントリに対してX-ShotGunを使って救済ポジを取れます。

  上述のブローカー制限さえも打ち破る組み合わせです。





X-Arrow でサインインジケータを使ってエントリを行い、
X-ShotGunで救済ポジをとる。

  サイン+ナンピン+両建てが自由自在!

  あなたの思うが侭に取引を制御してください。





X-Arrow/X-Arrow+X-ShotuGun設定の買取サービスを予定しております。


買取させて頂いた設定は、私の検証用リアル口座で実施とともに
設定・BT成績・リアル成績をつけて、
専用サイトで 無料で公開 していく予定でおります。

つまり。


公開された設定が無料で自由に手に入る。


設定公開サイトから 気に入った設定をダンロードしていければ、


が手に入る。と同じことになる。







     

まずは先着200名様へのご提供となります。定数に達した場合、一旦販売を終了します。

8月8に販売開始!
設定共有サイトオープンに伴い、10月末日をもって 値上げいたします



ダウンロード版:MT4用 EAファイル3つ、説明書6冊 45ページ


【対応OS】
Microsoft Windows XP・Vista
【CPU】
IntelRPentiumRIII以上を推奨
【メモリ】
512MB以上
【ハードディスク】
100MB以上のハードディスク空き容量

【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことが
ありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。
信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります